樹安の日々インスピレーション

日々の生活の中での気づきを、徒然なるままに

名前のおはなし

私は、自分の下の名前で呼ばれることがあまりありません。その理由は2つ。旧姓が非常にインパクトのある苗字だったので、子供の頃は苗字で呼ばれることが多かったことと、同じ仲間や職場で同じ名前の人がいることが多く、紛らわしいから下の名前ではあまり…

ユリイカ(eureka)!

えーと、つい数日前にブログ休止宣言をしたばかりですが…あれから書きたいことが後から後から(^_^;) すみません、やっぱりブログ続けますね。やめます詐欺になっちゃいましたね、すみません! タイトルのユリイカ!は、ひらめいた!的な意味の言葉です。由来…

新世界への模索

今、地球は危機的状況にあると思います。 環境面では、恐らく人間が招いたであろう、気候の劇的変動による世界各地での異常気象。また、地殻変動によって引き起こされる、世界各地での地震や津波。私たちの住む日本は、特に地震の影響を受けやすい地域です。…

Chaosの中を生きる

Chaos…カオス、混沌、大混乱、ゴタゴタといった意味の言葉です。 現在、いろいろな場面でChaosの状態を見かけることがあります。 世界のことでいうと、近隣諸国だけでも、米中の貿易戦争、日韓での衝突、香港での連日のデモ… 芸能界でも、元SMAPの事務所脱退…

Whatever

私の振る舞いが たとえ奇妙に映ろうとも 私の格好が たとえ変だと思われても 私が私であることに変わりはない あの人の行動が たとえ許せないものであっても あの人の暮らしが たとえ妬ましく思えても あの人があの人であることに変わりはない 我が子の成績…

本物の癒しは、本物の音楽から

お盆休みに入った方も多いと思います。私もお盆の間は仕事を休めることになりました!久しぶりのまとまったお休み。気持ちにゆとりができて、今までずーっとやりたかった家の片付けや掃除ができて、久しぶりにしっかり料理も作って…もう鼻歌なんか歌っちゃっ…

ビバ!地元リゾート

娘は無事に、巫女のお仕事を終えました。頑張った娘のリクエストに応えて、打ち上げ的な?ランチへ娘と2人で行くことになりました(^_^) 娘のリクエストは…オーシャンビューが自慢の、とあるレストラン。普段なら絶対に行かない場所ですが(^_^;) 今日は特別…

寄り添いは、最大の学び

前回の続きです。いよいよ祭礼当日を迎えました。神社の社務所へ行くと、クーラーの効いた涼しい部屋に、娘たちの控え室が用意されていました(^_^) さあ、すぐに巫女への変身!時間がないので、どんどん支度を進めたいところですが…私たち親2人、着物の着せ…

なかなかできない、神秘体験

娘たちが練習をしている、地元の由緒ある神社での巫女舞。いよいよ本番が近づいてきました。 本番数日前、実際に神社の拝殿での通し稽古がありました。楽員さん(楽器担当の人たち)も一緒なので、行われたのは夜の神社。行燈に灯がともり、何とも幻想的な雰…

自分を信じて、やり切る!

娘が現在チャレンジしている、地元神社の祭礼で奉納される巫女舞の練習でのこと。 巫女舞は女の子2人が対になって踊るのですが、呼吸を合わせて踊ることが何よりも大切なのだそうです。練習を重ねて、相棒であるお友達はある程度踊れるようになってきたので…

自分でやったことは、自分に返ってくる

最近の我が家の困りごと…新車を購入したものの、息子が新車に拒否反応を示してしまい、車に乗りたがらなくなってしまったこと、です(>_<) でも、普段通っている放課後デイの先生によると、放課後デイの送迎車に乗っている時も、息子は様子が違うらしいのです…

ココロとカラダのつながり・その4

このシリーズ、まさかのその4です(^_^;) 心と体、やはり密接に繋がっていると感じてしまう今日この頃です。 最近の我が家での大きな出来事…普段子供たちと乗る車を新しく変えたのですが、予想以上の息子の拒否反応に、ほとほと困っています。車に乗らない訳…

スーパーポジティブの達人

我が家には、スーパーポジティブの達人であるおじいちゃんがいます(^_^) 二世帯住宅の我が家、私たち夫婦と子供は離れに住んでいます。おばあちゃんが脳梗塞で倒れて介護施設にいる今、母屋にいるのはおじいちゃん1人です。普段は別々に過ごしていますが、…

回避ではなく、理想の追求

私は車が好きです。気ままにドライブに出かけるのは最高だし、車そのものも好きです。 車を選ぶときは、車のタイプ、用途はともかく、見た目が好き!っていうのも、私には大きなポイントです。 私は残念ながら、運転があまり上手ではないので(^_^;) 基本はコ…

夏の薫り

私が住む地域でも、ようやく梅雨が明けました。長い梅雨でしたが、やっと夏らしい晴れた天気になりました。 夏になると、ちょっと動くだけでもジットリと汗をかいたり、たまに吹き抜ける風が心地よかったり、日陰が有難かったり、蚊に刺されて痒くなったり、…

やってみて、気づくこと

私はつい最近まで、発達障がい児の子育てを理由に特に仕事をしていませんでした。朝や夕方はバタバタと忙しいものの、子供が学校へ行っている日中は自分の時間を過ごすことができていました。 でも、ひとりで家にいると…ダラダラしてしまうんですよね(^_^;) …

他者への憧れ → 現実 → 理想の自分

中学生とか高校生の頃って、いろいろなことに憧れたりしますよね。ちょっと不良っぽいお兄さんをカッコいいと思ったり、学校の中でも目立つグループに入ろうとしたり…どうですかね? 私自身はおとなしいタイプでしたが、高校時代に背伸びをして、クラスの目…

ジャッジメント・その2

私は、人のことをジャッジしてしまう人間です。人のアラ探しをして、その人自体をダメな人だと決めつけてしまうところがあります。この癖、できれば直したいと思っていますが…なかなか直らないものですね。気づけばジャッジしているのです。 まずはそんな自…

ジャッジメント

私は、人のことをジャッジしてしまう人間です。あの人はこう、この人はこんなところがある、などと白黒つけてしまうというか。人のアラ探しをして、その人自体をダメな人だと決めつけてしまうところがあります。この癖、できれば直したいと思っていますが…気…

怖れの解放・その3

前回は、自分自身が「できない」ことに対する怖れについて書きました。今回は自分自身ではなく、子供たちのこと。子供たちが「できない」ことに対する、親として抱えている怖れについて、です。 親であれば、そりゃ子供のことは心配です。運動会や発表会、う…

怖れの解放・その2

私が抱えているいちばんの怖れは、死への怖れ。このことは、前回の怖れの解放の記事で詳しく書きました。 その次に抱えている怖れ…それは「できない」ことに対する怖れ、ではないかと思います。例えば、高い所が怖くてバンジージャンプが飛べない、とか、水…

理想的な年齢の重ねかた

私がお勤めしている保育園には、いろいろな年齢層の保育士さんがいらっしゃいます。 短大を卒業してホヤホヤのフレッシュな人、比較的元気な若手、中心となるベテラン世代、そして高齢者の年齢に差し掛かる方も数名いらっしゃいます。 夕方の時間のみで来て…

「できない」と言える勇気

人間、誰しも、自分のことをよく見られたいと思いますよね。 そりゃあ、化粧っ気のないオバさんよりは、身なりを綺麗にしている女性の方が魅力的に見えますし、だらしない体つきの男性よりは、少しでも引き締まった体つきの男性の方がモテると思います。 見…

現実から目を逸らしてはいけない

私はスピリチュアルの分野に興味があります。 スピリチュアルに興味を持つ人って、例えば家族のことで苦労したり、周りとの人間関係がうまくいかなかったりして、そんな自分を癒したかったり、自分を変えたかったり…私もそんな感じです。 スピリチュアルに興…

ココロとカラダのつながり・その3

このシリーズ、まさかその3まで続くとは思いませんでした(^_^;) 今回は(今回も?)最近ずっと悩まされている生理のお話です。 子供が大きくなってきて、仕事復帰を考えるようになってからかな?気づいたら生理の周期が崩れていました。仕事を始めたことで…

真実を知ること

真実を知ることは、果たして幸せなのか? 宇宙の仕組み、人間の仕組み 私たちの想像を超える真実が そこにはあるのかもしれない 真実を知ることは、果たして幸せなのか? 想像を超えた真実を知ること もしかしたら、それは 相当な覚悟を要することなのかもし…

インナーチャイルドの癒し

インナーチャイルド、つまり自分の中にいる小さい子供の存在。私が最初にこの言葉を知ったのは、とある方との出会いがきっかけでした。 私はもともと天然石が好きで、丸玉やペンダント、ブレスレットなどをたくさん持っているのですが、そのとある方は、天然…

解放することで癒しが始まる

このブログを始めてから、私の中でいろいろな変化が起きています。今まで知らなかった自分の新たな一面に気づくこともあります。 私の中で起きていること、受け止めるべきこと、手放すべきこと、なるべくタブーなく、ここに書いてきました。(このブログの読…

性の解放

今回の話題…ものすごくタブーな内容です。 記事にするか?迷いましたが、今の私に必要なことなので、アップすることにしました。 生々しい内容はちょっとね…という方は、今回はスルーしてくださいね(^_^;) ↓ ↓ …では、書きますね(^_^) 私たち夫婦、基本的に…

怖れの解放

私はずっと、うちの親から呪いをかけられてきました。 お前が死んでしまったら、みんなが困ると。家の中が回らなくなると。子供たちが露頭に迷うと。 だから私は、自分が死ぬことをずっと恐れてきました。 自分のためではなく、みんなが困るから。みんなを困…