樹安の日々インスピレーション

日々の生活の中での気づきを、徒然なるままに

真実への問いかけ

自分でやったことは、自分に返ってくる

最近の我が家の困りごと…新車を購入したものの、息子が新車に拒否反応を示してしまい、車に乗りたがらなくなってしまったこと、です(>_<) でも、普段通っている放課後デイの先生によると、放課後デイの送迎車に乗っている時も、息子は様子が違うらしいのです…

回避ではなく、理想の追求

私は車が好きです。気ままにドライブに出かけるのは最高だし、車そのものも好きです。 車を選ぶときは、車のタイプ、用途はともかく、見た目が好き!っていうのも、私には大きなポイントです。 私は残念ながら、運転があまり上手ではないので(^_^;) 基本はコ…

ジャッジメント・その2

私は、人のことをジャッジしてしまう人間です。人のアラ探しをして、その人自体をダメな人だと決めつけてしまうところがあります。この癖、できれば直したいと思っていますが…なかなか直らないものですね。気づけばジャッジしているのです。 まずはそんな自…

ジャッジメント

私は、人のことをジャッジしてしまう人間です。あの人はこう、この人はこんなところがある、などと白黒つけてしまうというか。人のアラ探しをして、その人自体をダメな人だと決めつけてしまうところがあります。この癖、できれば直したいと思っていますが…気…

現実から目を逸らしてはいけない

私はスピリチュアルの分野に興味があります。 スピリチュアルに興味を持つ人って、例えば家族のことで苦労したり、周りとの人間関係がうまくいかなかったりして、そんな自分を癒したかったり、自分を変えたかったり…私もそんな感じです。 スピリチュアルに興…

発達障がい児への、2つの目線

私は発達障がいを持つ娘と息子、2児の親です。母親として発達障がいと向き合う過程で、自分自身も若干発達障がい傾向があることにも気づきました。そんな中で、支援して下さる先生方の目線に違いがあることがわかりました。 ひとつは、親目線。もうひとつは…

光と闇のバランス

思い立って始めたこのブログ、細々と知り合いにだけこっそり見てもらっていたのですが、ついに一般の方も読者になって下さいました!うれしいものですね(^_^) その方のブログも拝見しました。私と抱えている悩みが似ていて、日々思うことや悩んでいることを…

顔はその人の歴史を表す

皆さんは、子供の頃に好きだったアイドルとか、いますか? 私が小学生の頃に好きになったのは、マッチこと近藤真彦さん。中学生の時は光GENJI の赤坂晃さん。子供の頃って、基本的にはカッコいい人を好きになりますよね。 高校生になると、その人の持つ才能…

私たちの「親」世代が犯した罪とは

先日ショッキングなニュースが報じられました。川崎市のとあるスクールバス停留所で、バスを待っていた子供たちと見守りの親たちのところに、両手に包丁を手にした男が襲いかかったのです。大人も子供も、それぞれ犠牲者が出てしまいました。そして犯人の男…

経験する/しないの大きな差

先日、とある保育に携わる先生が、こんな話をされていました。 「いじめっていうのはさ、された側がいじめだと捉えてしまえば、全部いじめになっちゃうんだってね。たかがズボンを下ろされたくらいでさー」 …!! その場では普通に受け取られたこの発言、私…

真のカリスマとは?

「カリスマ」と呼ばれる、その道のプロフェッショナルの方々。カリスマになりたい!と思って、カリスマになったわけではないと思います。 自分が決めた道をひたすら探求し、努力し、その結果としてカリスマになっているのです。 だから、真のカリスマは自分…

私たちの世代が犯した罪とは

私が住んでいる田舎では考えられないことですが…都会では子育て世代の人たちが集まりすぎて、保育園に入れない人が多く、待機児童と呼ばれる子供たちがたくさんいるのだそうです。 中には無認可の託児所に子供を預けざるを得ず、そこで質の悪い保育を受けた…

ダークサイドは蜜の味

スターウォーズという映画の中でのお話。 主要人物であるアナキン・スカイウォーカーは、ジェダイの騎士を目指してオビ=ワンという師匠の元で修業をしていましたが、とある女性と恋に落ち、ジェダイの騎士に禁じられている結婚を密かにしてしまいます。 そ…

その力を使って、何を為すべきか?

連休もあと僅かですね(>_<) 今日は家族で何となくプラっと、特に目的なく出かけたのですが、思いがけない出会いがいろいろとありました(^_^) まずは近くの廃校になった小学校で行われているアートイベントへ。正直あまり期待せずに行きましたが(^_^;) 素晴ら…

愚痴は自分に返ってくる

私の実の母親は、昔から愚痴ばかり言う人です。親戚の人、ご近所さん、時には夫(=私の父親)のことまで、日々の不満をあれやこれやと、とにかく愚痴が絶えることがありません。もっぱら聞き役の娘(=私)に対して、あまりにグチグチとしつこく言うので、…

過大評価と過小評価

過大評価とは、自分の実力以上に「この人はできる!」と思われてしまうことで、過小評価とは、逆にその人ができることでも「この人にはできない」と思われてしまうことです。 みなさんは、どちらのタイプですか? 私自身は、過小評価をされるタイプです。私…