樹安の日々インスピレーション

日々の生活の中での気づきを、徒然なるままに

名前のおはなし

私は、自分の下の名前で呼ばれることがあまりありません。その理由は2つ。旧姓が非常にインパクトのある苗字だったので、子供の頃は苗字で呼ばれることが多かったことと、同じ仲間や職場で同じ名前の人がいることが多く、紛らわしいから下の名前ではあまり呼ばれなかったこと、です。

私自身も、親がつけた自分の名前があまりしっくりとはきていなくて…そんなことを考えていて、ふと浮かんだのが「樹安」というブログタイトルの名前です。この樹安(じゅあん)という名前、自分の本当の名前というか、魂の名前?的な感覚を今は持っています。

 

唐突ですが、ものすごいカミングアウトをします。私には、身籠りながらもこの世に産まれてこなかった子供が2人います。1人は望まない妊娠で、子を持つには早すぎたことで堕胎をしました。もう1人は望む妊娠ではあったものの、当時仕事をしながらの妊娠で心身のバランスを崩し、残念ながら流産してしまいました。

最近見たとあるテレビ番組で、こうした子供たち、産まれてこなかったために名前を与えられなかった子供たちにも、実は名前をつけてあげた方がいいんだよ…と、どなたかがおっしゃっているのを聞きました。

なるほど、そうかもしれない!と思って、この子たちの名前を考えてみました。すると、すぐに思い浮かびました。

ひとりは恒星(こうせい)という男の子。もうひとりは綿弓(わたゆみ)という女の子。特にわたゆみは不思議な名前に思えますが、これがしっくりと来たんです。確かに名付けることで、今は存在しなくとも、かつては存在していた命をより近くに感じられるような…気がします。

かつてはこの子たちを産まなかったことに対して、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。でも、今は感謝できるようになりました。恒星と綿弓…あなたたちがいたからこそ、今の私たちがいる。そう思えるようになりました。

 

そして名前について、もうひとつエピソードがあります。実際に今生きている子供たちの名前を、旦那さんと考えていたときのこと。私は旦那さんと私の名前に、とある共通点を見つけたのです。それは…名前をローマ字表記にした時に、2人とも " umi " で終わること!

例えば女の子の名前なら、あゆみとかは " ayumi " となって、 " umi " で終わりますよね。他にも当てはまる名前がたくさんあります。一方で男の子の名前だと、なかなか " umi " では終わらないのですが、旦那さんは奇跡的に当てはまるのです!

実際に我が家は海の近くにあります。窓からきれいな海が見えます。よし、子供たちもこの法則に当てはめて名前をつけよう!となったのです(^_^)

" umi " で繋がっている、私たち家族…ロマンチックでしょ?ちょっとだけ自慢です(^_^)

f:id:hattatsumamajuan:20190820160451j:image

ユリイカ(eureka)!

えーと、つい数日前にブログ休止宣言をしたばかりですが…あれから書きたいことが後から後から(^_^;) すみません、やっぱりブログ続けますね。やめます詐欺になっちゃいましたね、すみません!

タイトルのユリイカ!は、ひらめいた!的な意味の言葉です。由来とかはよくわかりませんが(^_^;)

 

えーとですね、私はずっと、自分探しのようなことを続けてきました。私の生まれてきた意味は?とか、私の使命は?とか。

以前高校で英語を教えていたので、自分の家で塾の先生をやってみようかな?とか。

教師時代に吹奏楽部の指導をしていたり、音楽の楽しさを子供たちと分かち合いたい気持ちもあったので、ドラムサークルをやってみようかな?とか。バケツドラムのワークショップをやってみようかな?とか。

発達障がいの子を持つ母親として、悩めるお母さんたちのために、ペアレントメンターという相談役になってみようかな?とか。

 

今まで、いろいろなことをやってみようかな?と思い立っても、何一つ実現していません。日常に追われて時間がないことも理由のひとつですが、それよりも私自身に実行力がないこと、飽きっぽいこと、覚悟がないことの方が大きい理由だと思います。

私は、そんな自分が嫌でした。私の周りで活躍している人たちを横目で見て、うらやましいと思ってばかり…でした。

 

そんな中でも、発達障がい児、しかもこだわり強め、クセ強めの2人を抱えて過ごす毎日は大変です。何をするにも2人の意見が合いません。さらに最近は、5年生の姉が天邪鬼になって、弟の嫌がることをわざと提案してきたりもします。しょっちゅうケンカしていますが、仲良く遊んでいたりもします。

子供たち2人にとって何がいいのか?とか、今は押すのか、引くのか?とかを、母親として日々、模索し続けています。

はー、しんど。きっついわぁー。

でも、クセの強いこの子たちと必死に向き合ってるって、実はすごいことなんじゃない?

 

ユリイカ!!

 

私って、発達障がい児の子育ても頑張って、お仕事もして、もう十分頑張ってない?

これ以上何を頑張るの?何を欲張ってるの?自分を主張したいから?アピールとかしたいの?

 

…いや、発達障がいの子供たちと日々を積み重ねていくのが、私の選んだ人生です。

人の役に立つこととか、比較的目立つ活動とかは、他の人たちが十分やっているんだから、私があえてそこに飛び込む必要はないんです。

 

今までも、頭ではわかっていました。まわりの人にも、あなたは十分頑張っていると言ってもらっていました。でも、なんて言うのか、腑に落ちたんです。もう十分頑張っているって実感できたんです。

そう思えてからは、今までうらやましく思えていたまわりの人たちに対しても、あまり偏見を持たずにいられるようになっています。

 

今回のユリイカ!これはブログにぜひ書きたい!と思ったので、書かせていただきました。

他にもブログに書きたいことが、まだまだあります。お付き合いくださいね(^_^)

f:id:hattatsumamajuan:20190818173407j:image

新世界への模索

今、地球は危機的状況にあると思います。

 

環境面では、恐らく人間が招いたであろう、気候の劇的変動による世界各地での異常気象。また、地殻変動によって引き起こされる、世界各地での地震津波。私たちの住む日本は、特に地震の影響を受けやすい地域です。

今まで当たり前のように育った作物が育たなくなったり、当たり前のように獲れた魚介類がいなくなったり、当たり前のように沸いていた温泉が枯れていまったり…人によっては、生計が立てられなくなることもあるかもしれません。

 

人間面(という言葉があるのかな?)においては、ネット社会の匿名性が引き起こしている、バレなきゃ何やっても大丈夫という風潮や、不景気によるのか?手っ取り早くお金を得るために、お年寄りに寄ってたかって詐欺を働く輩など…ニュース等で報じられるのを見ていて、胸が痛みます。

 

この他にも、不安なことを挙げればきりがありません。地球は、人々は、なぜこうなってしまったのでしょうか。もう、このまま突き進んで、滅びていくしかないのでしょうか。

 

私は、地球が好きです。地球の風景が好きです。肉、魚、野菜、果物などの自然の恵み、木や竹などの材料、いろいろな恵みを私たちにもたらしてくれます。

一方で、私たち人間が生み出したものたち。電気やインターネットなども、今の私たちの生活には欠かせないものです。

私はどちらかというと懐古主義です。昔は良かった…と思い、新しいものを取り入れるのに時間がかかるタイプです。

でも、ここまで来てしまった地球、もう後戻りをすることはできません。

 

今私たちにできる最大のこと…それは、教育だと思います。

この先の地球を生きていく子供たちが、この先も地球で快適に暮らしていけるように、私たちが今持っている知恵を絞って、伝えていくこと。

私はまず、自分の子供たちがたくましく生きていけるように、自分ができることを精一杯やりたいと思います。

 

そのために…しばらくこのブログをお休みしようと思います。

今までの記事で、ある程度言いたいことは言うことができましたし、自分の本当の思い、自分の軸を確認することもできました。

そして、いちばんの理由は…ブログを書きたい!よりも、書かなきゃ!という気持ちになってしまったことです。ブログを書くこと自体が、だんだん苦痛になってきてしまいました。

また何か書きたくなったら書くかもしれませんし、この記事をもって投稿が終わりになる可能性もあります。

とりあえず今は、ブログを書く代わりに、自分の時間の使い方を見直したいと思います。

 

今まで読んでいただき、ありがとうございました(^_^)

f:id:hattatsumamajuan:20190616171807j:image

Chaosの中を生きる

Chaos…カオス、混沌、大混乱、ゴタゴタといった意味の言葉です。

現在、いろいろな場面でChaosの状態を見かけることがあります。

世界のことでいうと、近隣諸国だけでも、米中の貿易戦争、日韓での衝突、香港での連日のデモ…

芸能界でも、元SMAPの事務所脱退騒動、AKBグループの運営問題、吉本興業の一連の騒動…

地球の温暖化も歯止めが利かず、毎年豪雨や台風など異常気象の影響に晒されるようになってしまいました。

今を生きる私たち、知らず知らずこのChaosの渦に飲み込まれている?のかもしれませんね。

 

私自身が最近取り組んでいること…自己の解放です。先生や親の言うことは聞かなきゃいけない!とか、その場の空気を乱すようなことは言うべきではない!とか、今までこうあるべき!と当たり前に思っていたことでも、自分の意に反することならやらなくてもいい!ということに取り組み始めています。

 

やらなくてもいい!が巡り巡った結果…我が家はChaos状態に陥っています(>_<) 家は片付かずにグチャグチャ、夏休みなので時間もルーズ、まぁひどいもんです。(グチャグチャといっても、ゴミ屋敷まではいかないですよ…物が片付かないだけ、です)

それでも…グチャグチャなままでも毎日は過ぎていきます。以前はグチャグチャが許せずにパパや子供たちを怒っていたのが、ある程度グチャグチャな状態でも平気になってしまい、これが我が家の当たり前になってしまっています(>_<)

 

このグチャグチャ状態が正解だとは思いませんが、今まで整頓!整頓!と言い過ぎていたのもダメだったのかな、という気もしています。だって、その時は整頓できても、私以外の家族に整頓する気がなければ、またすぐにグチャグチャ状態に戻ってしまうのですから。

家族それぞれの意識までは、私は変えることはできない、のです。

我が家のこのChaos状態も悪くない?かな…でも、ちょっとずつ断捨離はしていこう、かな。

やるべき、やらなきゃ、ではなく、無理せずやれる時にやろうと思います!

f:id:hattatsumamajuan:20190815105539j:image

Whatever

私の振る舞いが   たとえ奇妙に映ろうとも

私の格好が   たとえ変だと思われても

私が私であることに変わりはない

 

あの人の行動が   たとえ許せないものであっても

あの人の暮らしが   たとえ妬ましく思えても

あの人があの人であることに変わりはない

 

我が子の成績が   たとえ優れていなくても

我が子の成長が   たとえ親の理想と違っても

我が子が我が子であることに変わりはない

 

自分の親が   たとえ私を蔑ろにしたとしても

自分の親が   たとえ反社会的なことをしたとしても

自分の親が親であることに変わりはない

 

この世を生きる全てのものに存在する

いいところや悪いところ

時には目を覆うような残酷さが見えたり

時にはとんでもなく純粋だったり

 

いいところも悪いところも   全て受け入れること

まずは自分の中にある、優しさ、ずるさ、寂しさ、甘さ、

強さ、卑屈さ、残酷さ、可愛らしさ…

自分の中から溢れ出る全てのものを

見つめ直して、認めて、そして受け入れること

自分自身をしっかりと受け入れることで

他の人のこともだんだん許せるようになってくる

 

人間も、地球も、宇宙でさえも、あるがまま

たとえ何があっても、そのままでいいのだ

 

I"m free to say whatever I

 whatever I like if it's wrong or right it's all right.

(間違っていようがいまいが、僕は自由に言いたいことを言ってもいいんだ)

Whatever you do, whatever you say

Yeah, I know it's all right.

(君だって何をしても、何を言っても、それでいいんだよ)

f:id:hattatsumamajuan:20190813145436j:image

本物の癒しは、本物の音楽から

お盆休みに入った方も多いと思います。私もお盆の間は仕事を休めることになりました!久しぶりのまとまったお休み。気持ちにゆとりができて、今までずーっとやりたかった家の片付けや掃除ができて、久しぶりにしっかり料理も作って…もう鼻歌なんか歌っちゃってます(^_^)

まぁそれは置いておきまして(^_^;) それとは別に、ここ最近久しぶりに強烈な孤独感に襲われています。自分の軸が不安定になり、自信がなくなり…自分のことがよくわからなくなっていました。

 

こういう時の私の癖…気になったキーワードで、手当たり次第にネットで検索をするんです。ちょうど一年前にも同じような孤独感に襲われたことがあって、その時にもネット検索をしまくって、その時は自分が何者なのか?というルーツに関する大きな気づきがありました。

今回やたらと気になったのは「音」。私は音楽が大好きで、過去には吹奏楽に携わっていたり、自分でも趣味でウクレレを弾いたりします。

一時期はドラムサークルというものに興味を持って、本気でやってみようと思っていました。ドラムサークルで使う太鼓を揃えるのはお金がかかるから、じゃあバケツで手作りすればいい!と、バケツ太鼓をたくさん作って、実際にドラムサークルをやってみたこともあります。でも…やっぱりバケツで作った太鼓では、子供たちがすぐ飽きてしまうんですよね(>_<) 大人はある程度楽しんでくれるのですが、やっぱりバケツ太鼓では本物のドラムサークルはできない…と気づきました。特に純粋な子供たちには、「本物の音」でないとダメなんですね。

 

さて、今回も「音」を頼りにいろんなキーワードで検索して、検索して…そして、とある楽器に辿り着きました!

その楽器とは、ソウルサウンドライアーという、大きな木の板で出来た竪琴のようなもの。その響きを聞いた時の衝撃!何という響き、何という癒し!これが本物の音、本物の癒しなのか…!もう、頭のてっぺんから電流が走りました。

ギターやバイオリン、ウクレレや琴などの弦を弾いて音を出す楽器は、通常は箱型になっていて、箱の中で反響させて大きな音を響かせます。でもこのソウルサウンドライアーは、木を掘り出して直接弦を張るので、木に直接響きの振動が伝わって、弾いている私たち人間にもその振動が伝わり、直接私たちの体に作用するのだそうで…実際に人間の体の上に乗せて演奏することもあり、響きの振動が体の中の大部分を占める水分に共鳴して、不調和な部分を調和に導いていく…まさに「音の癒し」になるのだそうです。

そして、この楽器を手に入れるには、基本はワークショップに参加しなければいけません。ある程度形の出来た木の板から自分の一枚を選んで、その木を何日もかけて自分で実際に掘り出して、自分の楽器を生み出すのです。そうして生み出した楽器は、自分の一部となり、分身となり、自分の響きを奏でます。

 

私は、この楽器の素晴らしい響き、コンセプト…すっかり虜になりました。私が探していたのはこれでした。

かなり大きな竪琴なので、お値段も相当なものだと思うし、私の今の生活を考えると、何日も家を空けてワークショップに参加するのは正直厳しいです。それでも、いつか近い将来、実際にこの楽器に触れてみたいし、自分のこの手で生み出してみたいです。

たまにやって来る強烈な孤独感、本当に苦しいのですが、いつもそこから新たな気づきを得ることができます。今回見つけた新たな目標、普段飽きっぽくて長続きしない私なのですが(^_^;) どこまで続くのか?自分自身でも楽しみにしたいと思います。

f:id:hattatsumamajuan:20190809134814j:image

ビバ!地元リゾート

娘は無事に、巫女のお仕事を終えました。頑張った娘のリクエストに応えて、打ち上げ的な?ランチへ娘と2人で行くことになりました(^_^)

娘のリクエストは…オーシャンビューが自慢の、とあるレストラン。普段なら絶対に行かない場所ですが(^_^;) 今日は特別に許可しました!娘大喜びです。

 

レストランに到着早々、娘はテラス席を希望(^_^;) 暑そうだな…と思いましたが、今日はリクエストに応える日!思い切ってテラスに出てみました。すると、風が心地良くて、日除けもあるのでさほど暑くもなく…居心地が良かったんです。

すぐそばの海ではみんな楽しそうに泳いでいて、空は青く、海も青く、風は心地良く…もう、ちょっとした旅行気分!でもここは、思いっきり私たちが住んでいる地元(^_^;) 地元でも、こんな楽しみ方ができるなんて…改めて、私たちの住んでいる街の魅力を再発見!できました(^_^)

 

さて、せっかくなので料理もちょっと贅沢して、私は卵トロトロオムライス、娘はガッツリ肉食系の黒豚カツカレー(^_^;) そして、それぞれがリゾート感いっぱいのドリンクを頼みました。

f:id:hattatsumamajuan:20190811064759j:image

…ね、リゾートっぽくないですか?普段が貧乏すぎるって?

でもね、久々に贅沢な時間の使い方をしました。のんびり過ごしている横で、観光客のとあるカップルが海をバックに記念写真を撮ってご満悦だったり、何とも微笑ましい(^_^)

私たちも時間の許す限り、とにかくのんびり、ゆったり、何なら昼寝しちゃう?ってくらいのまったりタイムを過ごしました(^_^)

母は思います。娘とこんな、贅沢な時間の過ごし方ができるようになったんだな…と。

まさに夢のようなひととき、でした(^_^)